施設のご紹介

沿革

令和2年9月19日 「みたけ学園」が「てしろもりの丘よつば」に名称変更し、盛岡市手代森に新築移転。
「みたけの園・あすなろ寮」が新設事業所「てしろもりの丘あおば」として盛岡市手代森に新築移転。
児童デイサービスセンター「あっぷるぱい」(放課後等デイサービス)開設(定員10名)
相談支援事業所「らいふ」(特定相談支援、障害児相談支援)開設

運営方針

てしろもりの丘よつば

 昭和34年の開所以来みたけ学園がこれまで大切にしてきた人権尊重を基本とした支援を引き継ぎ、「一人ひとりへのよりそい・地域とのつながり・健やかなはぐくみ」を基本に、子どもたち一人ひとりのよりよい成長をお手伝いします。
 これまでみたけ学園で取り組んできた、安全で安心できる環境の提供と人権尊重の価値観を基本とした「生活支援」、多様な児童の育ちを促す個別の専門的「発達支援」、18歳以降の将来を見据えた「自立支援」、家族関係の調整や親支援などの「家庭支援」、在宅障がい児を支える「地域支援」の5つの支援機能について継続して取り組みます。

てしろもりの丘あおば

 安全で安心できる環境の提供と人権尊重の価値観を基本とした質の高いサービスを提供し、利用者一人ひとりが選択し決定した目標の実現に向けて支援を行います。
 地域生活への移行が難しい障害児入所施設の児童や、心身状態の変化のため地域での生活が維持できなくなった障がい者に対するセーフティネットの機能を担います。

てしろもりの丘パンフレット

PDFファイル てしろもりの丘パンフレット(PDF)

このページの先頭へ戻る