施設写真

事業所紹介

昭和55年に重度知的障害者入所施設 姫神寮として開設、平成19年4月から障害者自立支援法に基づく障害者支援施設「かたくり」として、新たな制度でスタートし11年目を迎えています。

「かたくり」に移行してからのサービスは、生活介護事業、施設入所支援事業及び短期入所事業を行っています。

利用者の皆様も高齢化が進む中、重い障がいをお持ちの方、視覚障がいの方、車椅子の利用を余儀なくされている方なども多く生活しており、平成29年4月現在、平均障害支援区分5.4、最高齢76歳、平均年齢56.8歳と、要介護度の高い状況にあります。職員の医療や介護に関する知識を深めたり、定期的に機能訓練講習会を開催しスキルアップを図るほか、施設内のバリアフリー化工事により施設設備の改善を進め、居心地の良い住環境づくりと質の高いサービスの提供に努めています。高齢で障がいを有していても楽しく毎日の生活を送れるように、継続的な生活支援や日常的な健康管理に努めるとともに、個別支援計画に基づいた日中活動、余暇支援を提供し、常に変化に対応した良質なサービスの提供を目指しています。

福祉制度がいかに変わろうとも、利用者そして家族の方々に「かたくり」で生活して楽しかったと思っていただけるよう努力してまいります。

お知らせ

一覧を表示する

アクセス図

障害者支援施設りんどうへのアクセスマップ

このページの先頭へ戻る